>>当サイトのWordPressテーマ「SWELL」についてはこちらから

【2021年最新版】楽天ポイントのお得な使い方を徹底解説!おすすめの期間限定ポイント消化法

楽天経済圏で生活をしている方は、毎月ざっくざくと楽天ポイントが貯まっていっていると思います。

ポイントは使ってなんぼだと思いますが、楽天ポイントは損する使い方があるってご存じですか?

本記事では、どのように楽天ポイントを使うのが賢い使い方になるかを徹底解説していきます。

楽天ポイントを損したくないという方は、最後まで見ていってください。

本記事の内容

  • 通常ポイントと期間限定ポイントの違い
  • 通常ポイントの使い方/ダメな使い方
  • 期間限定ポイントの使い方

本記事の執筆者

まひろ(@aokaze_mahiro

結論の要約

期間限定ポイントの失効日は意外と早いので、すぐ使うのが重要です。

すぐ使うためには楽天カード、楽天Pay、楽天でんき、楽天モバイル、ポイント投資の支払いに使うのがおすすめです。

楽天市場で楽天ポイントを使うのは絶対にやめましょう!

楽天ポイントを効率よく貯める方法は別記事にて解説しております。

目次

楽天ポイントの通常ポイントと期間限定ポイントの違い

通常ポイントと期間限定ポイントの違いをおさらいしましょう。

通常ポイント
期間限定ポイント
  • 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間が利用期限
  • 期間内に通常ポイントを獲得すれば、有効期限が延長される
  • 実質「期限がない」みたいなもの
  • 付与された月の翌月末日までに使わないとなくなってしまう(2/15に付与→3/31が期限)
まひろ

期間限定ポイントは計画的に使わないと、なくなってしまいます

期間限定ポイントは主に、SPUやお買い物マラソンでもらえるポイントです。

期間限定ポイントは1ヶ月半しか猶予がなく、しかも楽天ポイント有効な使い方をしないと損してしまうということで注意が必要なのです。

まひろ

楽天PointClubアプリでいつに使えなくなるかはチェックしておきましょう

そしたら、実際にどうやってそれぞれのポイントを使うのがお得かご紹介しますね。

楽天 期間限定ポイントの有効な使い方

期間限定ポイントの有効な使い方は3つです。

期間限定ポイントは実質1ヶ月半しかもたないので、意識して自分の生活に組み込む必要がありますね。

  • 楽天Payの支払い
  • 楽天でんきの月額の支払い
  • 楽天モバイルの月額の支払い

それぞれ解説していきますね。

楽天Payでの支払い(一番おすすめ)

楽天Payとは楽天のスマホ決済アプリで、コンビニや飲食店、スーパーや薬局といったところで使えます。

一部、ネット決済でも使えます。

期間限定ポイントを優先して使ってくれるのが、最大のメリットです。

まひろ

我が家は楽天Payで使うポイントが一番多いかなと思います

楽天Payが使えるお店は、公式サイトにて確認してみてください。

使い方についてですが、楽天Payアプリをスマホにインストールして、コンビニとかの支払いの際に、

まひろ

楽天Payで支払います

といって、アプリ上に表示されているバーコードを読み取ってもらうだけです。

しかもこの支払い分についても、ちゃんと楽天ポイントも貯まるんです!

楽天でんきの月額料金の支払い

楽天でんきとは、電力自由化により楽天グループが始めたサービスです。

この「楽天でんき」の月額の支払いに期間限定ポイントを充てることができます

子供がこれから生まれる我が家は毎月コンスタントに2万ポイントくらいが貯まっていくため、電気料金のような固定費に充てられるのは嬉しいです!

電気代を一切払わなくてもよい月があったりと、すごくお得感がありますね。

また、ポイントで引かれる前の金額分、楽天ポイントがしっかり貯まるという点が最大のメリットです

あと、料金プランはシンプルですし、前に使っていた電気会社より安くなりました。

楽天でんきについては、別記事にて詳細をまとめております。

楽天モバイルの月額料金の支払い

最近何かと話題に上がりがちな楽天モバイルですが、この月額料金の支払いに期間限定ポイントを充てることが可能です。

スマホ料金も毎月発生する固定費なので、期間限定ポイントが使えるのは嬉しいですね。

ただ、300万人を対象に1年間無料キャンペーンを実施してたので、我が家は2021年12月までは月額料金無料で、支払い自体がないのですが。

キャンペーン情報や他社比較といった楽天モバイルの詳細は、別記事にてまとめております。

楽天ポイント 通常ポイントの有効な使い方

通常ポイントの有効な使い方は3つです。

  • 楽天ポイントカードの利用額をポイント支払い
  • 楽天ポイントカードでポイント支払い
  • ポイント投資

それぞれ解説していきますね。

楽天ポイントカードの利用額をポイントで支払う

楽天カードでひと月あたり1万円使ったとしましょう。

そのうち6,000円分を通常ポイントで支払うとします。

そうすると、現金で支払うのは4,000円で良いということになります。

使った額1万円 – 6,000ポイント=支払いは4,000円

ここで重要なのは、

ポイントで引かれる前の金額分のポイント(1%)が貯まるということです。

まひろ

要は、ポイントで支払っても獲得ポイントが変わらないということです

楽天e-NAVIの「ポイントで支払い」から設定ができます。

楽天市場で楽天ポイントを使うのはおすすめできません!

理由は単純明快で、楽天市場で「楽天ポイントを使って購入」をすると、引かれた後の金額分しか楽天ポイントが付かないからです。

まひろ

商品全額ポイントで支払い!とかしたら、もらえる楽天ポイントが0です

楽天ポイントカードでポイント支払い

加盟店での支払い時にポイントカードを提示すると楽天ポイントがもらえます。

楽天ポイントが使える加盟店の情報は公式サイトをチェックしてみて下さい。

楽天ポイントカードは楽天カードについていて、裏面のバーコードを読み取ってもらえばOKです。

まひろ

楽天Payでの支払いをすると、自動で楽天ポイントが付いたりもしますね

ポイント投資をする

楽天証券での投資信託の購入にも使えます。

ポイントと現金を合わせて500円分以上買えば、SPUが+1倍になるので、毎月使った方が良いです。

基本的に、「1ポイント+499円」の合わせて500円で投資をしてSPU達成する人が多いみたいですね。

SPUについて詳細は別記事にてまとまっております。

まとめ:損をしないよう楽天ポイントを使い、しっかりお得に節約を!

今回は、楽天ポイントをお得に使う方法や通常ポイントや期間限定ポイントについて解説してきました。

本記事の要約

  • 通常ポイントは楽天カードの支払い、楽天ポイントカード、ポイント投資がおすすめ
  • 期間限定ポイントは楽天Pay、楽天でんき、楽天モバイルがおすすめ
  • 期間限定ポイントは1ヶ月半でなくなってしまうので注意
  • 楽天市場で楽天ポイントを使うのは絶対にNG

個人的には楽天Payでの支払いがおすすめですが、人によってさまざまだと思います。

損をしない楽天ポイントの使い方をすることで、引き続き楽天経済圏を利用してしっかりと節約をしていきましょう!

節約といえば、楽天ふるさと納税もおすすめなので良かったら見てみてください。 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

当ブログ運営者

サイドFIREを目指しているサラリーマン。
結婚してゼロから始めた節約術(楽天経済圏やPayPay経済圏)、少しの贅沢で行った高級ホテルやレストランを紹介しています。
妊娠初期から子育てに全力を注いでおり、部屋作りやマタニティの知識についても発信。
夢は、週2-3で働きながら、嫁&子供&ペット(仮)と月1で高級ホテルに泊まる生活をすること!

目次
閉じる