>>当サイトのWordPressテーマ「SWELL」についてはこちらから

龍名館 御茶ノ水 本店 1899 感想【アクセス・松の部屋・陶器風呂】口コミ 旅行記

まろん

御茶ノ水駅にある龍名館 本店 1899について、予約する前に口コミや感想を見てみたいワン!

今回はそのような方に向け、

実際に龍名館 本店 1899に行ってきた感想や口コミを全2回の記事で紹介します。(今回はパート1)

本記事の内容

  • 龍名館 本店 1899へのアクセス方法
  • 部屋の内装や備品、アメニティ
  • 部屋についている信楽焼の陶器風呂

本記事の執筆者

まひろ(@aokaze_mahiro

コロナによる不況や外出自粛の中、まひろ家はプチ旅行として都内の少しお高いホテルに泊まりに行ったりしています。

結論を述べておくと、

和の雰囲気で、食事も「茶」を重視したものが多い感じで、超良かったです!

まろん

え、ぼくは連れてってくれなかったワン?

目次

龍名館 本店 1899

御茶ノ水駅か小川町から徒歩5分くらいの場所にあります。

画像の入り口は大通り沿いにはないので、少し注意ですね。

和の雰囲気を重視したとても落ち着くホテルです。

まひろ

入った瞬間、お香のにおいもしていい感じ

アクセス

龍名館 本店 1899

〒101-0062

東京都千代田区神田駿河台3-4

電車以外で行くという方は、公式サイトに行き方が載っているので参考にどうぞ!

一泊のお値段

まひろ家は

一泊 朝ごはん付き 夜ご飯は無し

プランで47,120円でした!

お値段は人によって感じ方は違いますが、のんびり過ごせて落ち着けるということで個人的にはめちゃくちゃ高いとは思ってないです。

部屋

皆さんが一番気になるお部屋の内装を紹介します!

まひろ家は「」という部屋に泊まりました!

玄関

玄関は二人部屋のわりには広いなという印象です。

ホテル内には休憩室や図書室があるのですが、そういうところに行く用でしょうか?

下駄が置いてあります。

ウォークイン

玄関のすぐ隣にウォークインがあります。

金庫もこの中にありますし、希望する人は有料でクリーニングしてもらえるみたいです!

居間

3.5人掛けのソファーとテーブル、テレビやDVDレコーダー、BGMを流すスピーカーと色々あります!

まひろ

最初からBGMがかかっていて、自分でCDを持ち込んだりする必要はないです。iphone等をつないで好きな音楽を流すこともできますよ!

ソファの後ろにはそのままベッドがありますが、照明がいい感じに暗くて良いです!

アメニティは後で紹介しますが、テレビ台の横は画像のような大理石でピカピカな台があります。

台の下には引き出しがあって、備品が詰まってます!

部屋の備品

コップやワイングラスが部屋の備品としてついています。

まひろ

ルームサービスでワイングラスを注文できますが、私はワインボトルを持ち込みました。(ファミマで購入)

茶を売りとしているだけあって、お茶を飲むための急須や湯飲みは陶器でしっかりとしたものです!

まひろ

こういうを使うとお茶を飲んでるなぁという気持ちになりますよね

無料のスマホが付いていて、フロント?に24時間連絡ができます!

あとは手書きのメッセージと、ホテルの評価を書く便せん、右下の小さいのはアルコールが置いてあります!

ベッド

枕は2つずつあって、そば殻と低反発のが付いていて、好きなほうを使えます。

国内工場で一品一品オーダーメイドで作られているこだわりのベッドマットレスだそうです!

イワタ社の「ラークオール(LARKOWL)」を全室に採用しているみたいです。

少し固めかな?と個人的には感じましたけど、寝心地良かったです!

信楽焼の陶器風呂

手作りの陶器風呂だそうです!

触ってみるとざらざらしているのですが、全然痛くなく、気持ちよくお風呂に入れます。

シャワーはこのような感じですが、これもすごいですよ。

腰のあたりにもシャワーが付いていて、強めに噴出され、マッサージされている感覚になります!

アメニティ

メンズとレディースで中身が異なります。

アメニティ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • ボディソープ
  • 入浴剤
  • ヘアバンド
  • 綿棒
  • 化粧水、保湿クリーム
  • 包み

アメニティとは違うと思いますが、冷蔵庫が付いていて飲み物もたくさん入ってます。

そしてこれらはすべて無料なので、飲みきれなかったとしても持ち帰りOKです。

急須で飲むお茶やコーヒーたちです。

お茶に力を入れているだけあって、種類豊富ですごくおいしかったです!

コーヒーです。

飲まなかったのでわからなかったですが、きっとおいしいのでしょう!

まとめ:龍名館はお茶のテイストでのんびり落ち着けるホテル

今回は「龍名館 本店 1899」の行き方だったり、部屋の内装やお風呂、アメニティについて紹介しました。

本記事の要約

  • 御茶ノ水駅から近く、行きやすい
  • 和のテイストが重視された広い部屋の内装や備品、アメニティ
  • 部屋についている信楽焼の陶器風呂は圧巻!
  • 全体的に茶のテイストで落ち着く

すべての魅力を1記事にまとめると長くなりすぎるということで、全2回に分けてます。(本記事はパート1)

龍名館の夜ご飯や朝食、図書室はこちらからどうぞ!

おまけ:一休.comでの予約

まひろ家はホテルの予約には一休.comを使っております。

独自の割引プランがあったり、ポイントが付いたりとするのですごくお勧めです!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

当ブログ運営者

サイドFIREを目指す20代サラリーマン×セミパパのブロガー
・仕事はセキュリティコンサルタント
・転職を経験し、現在2社目
・某大手企業で新人賞・優秀賞を受賞した経験あり
・結婚し、ゼロから資産運用を開始
・夫婦で行ったホテルやレストランは多数
・妊婦さんに役立つ知識をゼロから学ぶ
・生活で必要なものはゼロから買っていった

夢は週2日働きつつ、嫁&子供&ペットとともに経済的に自由な生活を送ること!
企業様からの案件お待ちしております。

目次
閉じる