>>当サイトのWordPressテーマ「SWELL」についてはこちらから

妊娠7か月(24~27週)でやっておきたいことって何?ますますお腹が大きくなり、張りやすくなります

まろん

妊娠7か月(24週目)に突入したワン!何をすればいいワン!

今回は、そのようなお悩みを解決いたします。

本記事の内容

  • 妊娠7か月目に入って体調がどのように変化したか
  • 妊娠7か月目にしておきたいことのまとめ
  • 美容室に行っておく
  • ワーママは仕事の引継ぎも忘れずに

妊娠7ヶ月は、ますますお腹が大きくなってきて、お腹が張りやすくなってきます。

その他にも、お腹が大きくなるにつれて、かゆみを感じたり、妊娠線ができることもあるようです。

本記事の執筆者

まひろ(@aokaze_mahiro

結論を先に述べておくと、

お腹がますます大きくなり、張りやすくなります。早産になりやすい時期なので、お腹が張ってきたら、無理せず休むようにしましょう!

妊娠6月目についてはこちらでまとまっていますので、チェックし忘れがないか確認しておきましょう。

目次

体調の変化

お腹が張りやすくなる

妊娠7か月になると、子宮の大きさはおよそ22cmくらいになるようです。

それに伴いお腹が張りやすくなるので、無理せず横になったり座ったりして、休むようにしましょう。

この時期に無理してしまうと早産につながる可能性があるので、決して無理せず、ゆったりと過ごしてくださいね。

まひろ

まひろ嫁の場合ですが、朝方にお腹が張ってしまうことが多かったです。まだ産休に入れない時期だったので、体調が悪い時は午後からの勤務に変更してもらったり、在宅勤務を取り入れて、なんとか凌いでいました。

妊娠線ができやすくなる

お腹がますます大きくなってくるため、妊娠線もできやすくなる時期です。

妊娠線とは、妊娠によって急激に起こる体重や体型の変化によってできる肉割れのような線のことです。

一度できてしまうとなかなか消えないため、しっかり保湿ケアをして予防するのがおすすめです。

体重が急激に増えないようにコントロールしたり、適度な運動を取り入れるのも、妊娠線予防に効果的なようです。

まひろ

まひろ嫁は、張り切ってお高い妊娠線専用のクリームとオイルをダブル使いしていました。そのおかげか、元々の体質なのかは分かりませんが、妊娠線は全くできませんでした!

まひろ嫁のおすすめ妊娠線専用クリームとオイルはママ&キッズのナチュラルマーククリームと、AMOMAのマタニティオイルとのことです。

どちらも開発に助産師さんが関わっており、妊娠線専用に作られた保湿剤なので、安心感がありますね。

少し値が張る商品なのですが、妊娠線は一回できてしまうとなかなか消えないため、必要経費と割り切りました。

まひろ嫁の編み出した妊娠線専用保湿剤の使用方法
  1. お風呂上り、身体をタオルで拭く前にAMOMAのマタニティオイルを塗る
  2. 軽くタオルで押し当てるように、身体の水分を吸い取る(ゴシゴシ擦ったらダメですよ!)
  3. ママ&キッズのナチュラルマーククリームを重ね塗りする

※妊娠線はお腹だけでなく、太もも、二の腕、胸やお尻などにもできやすいみたいです。自分では見えない下腹や、身体の側面も塗り忘れのないように注意しましょう。まひろ嫁いわく、全身に塗りたくるつもりで!とのことです。

※まひろ嫁は、朝着替える前や、日中に余裕がある時など、こまめにママ&キッズのナチュラルマーククリームを塗っていたようです。

皮膚のかゆみが起こりやすくなる

ホルモンバランスの変化や、お腹が大きくなって皮膚が伸び悩んでことにより、かゆみが起こりやすくなるようです。

通気性のいい綿素材のゆったりとした服を着たり、保湿クリームや加湿器で保湿することがかゆみに効果的だそうです。

あまりにもひどいかゆみがある場合は、かかりつけの医師に相談してみてくださいね。

妊娠7か月目にしておきたいこと

美容室に行く

体調の良い日には、ぜひ美容室に行っておきましょう。

これからもどんどんお腹が大きくなってくるので、この時期を逃してしまうと、産後まで美容室に行くのが難しくなってきます。

同じ姿勢で座り続けるのも辛いですし、シャンプー台での負担も大きくなってしまうためです。

まひろ

まひろ嫁はこの時期にちゃっかり美容室に行っていました。短すぎず長すぎず、ちょうどいい長さに整えてもらったようです。ベリーショートが楽な人、結べる長さが楽な人、人それぞれかと思うので、自分のライフスタイルに合う髪型にしてもらってくださいね。

仕事の引継ぎも抜かりなく行う

ワーママさん達は、そろそろ仕事の引継ぎも佳境に入ってくる頃かと思います。

気持ちよく産休に入れるように、やり残した仕事がないか、引継ぎ書は漏れなく作成できているか、再度確認してみましょう。

まひろ

まひろ嫁は、うっかり引継ぎが漏れていた業務を発見して焦っていました。この時期に発見できれば、十分引継ぎもできるので、今一度自分の業務を洗い出してみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

今回は、妊娠7か月(24~27週)でやっておきたいことについて解説してきました。

本記事の要約

  • お腹が張りやすくなるので、無理は禁物
  • 妊娠線予防には、専用の保湿剤でこまめに保湿すると良い
  • この時期が美容室に行くラストチャンス!
  • 仕事の引継ぎに漏れがないか今一度確認する

さらにお腹も大きくなって、疲れやすくなったりする時期ですね。

無理は禁物ですが、体調を見ながら美容室に行ったり、仕事の引継ぎの最終確認など、この時期に済ませておきたいことはクリアできるといいですね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

当ブログ運営者

サイドFIREを目指しているサラリーマン。
結婚してゼロから始めた節約術(楽天経済圏やPayPay経済圏)、少しの贅沢で行った高級ホテルやレストランを紹介しています。
妊娠初期から子育てに全力を注いでおり、部屋作りやマタニティの知識についても発信。
夢は、週2-3で働きながら、嫁&子供&ペット(仮)と月1で高級ホテルに泊まる生活をすること!

目次
閉じる