>>当サイトのWordPressテーマ「SWELL」についてはこちらから

赤ちゃんの温度・湿度管理について徹底解説!おすすめ加湿グッズもご紹介!

まろん

最近寒いし乾燥もひどいけど、赤ちゃんにとって一番快適な温度と湿度ってどれくらいワン?

今回は、そのような疑問にお答えいたします。

本記事の内容

  • 赤ちゃんにとって快適な温度と湿度について
  • 手軽にできる加湿方法
  • おすすめの加湿器

赤ちゃんはどの位の室温がベストなのか、新米ママパパ達は心気になりますよね。

部屋が暖かすぎたり、厚着させすぎていると、熱がこもって体温が異常に上昇してしまいますし、逆に寒すぎると低体温になってしまう恐れがあります。

まだ自分の力でうまく体温調節ができない赤ちゃんにとっては命の危険もあるくらいのことなので、本記事を見てしっかりと対策しておきましょう!

本記事の執筆者

まひろ(@aokaze_mahiro

結論を先に述べておくと、

大人が快適だと思える環境であればほぼ大丈夫!だけどそれだけで安心せず、赤ちゃんの様子や温湿度計をこまめに見て、問題ないかを確認しましょう!

目次

赤ちゃんにとって快適な温度と湿度について

赤ちゃんにとって、快適な温度と湿度は以下のとおりです。

  • 冬場の温度→20~25℃
  • 夏場の温度→26~28℃
  • 湿度は一年通して50~60%程度

夏場はエアコン必須ですし、冬場も暖房器具をフル稼働させる必要がありますね。

まひろ

赤ちゃんの快適な温度は、だいたい大人と同じ位ですね!

室温が上記の温度と合っているからといって安心せず、実際に赤ちゃんの様子を見ることも大切です。

助産師さんから聞いたのですが、赤ちゃんの手足が冷たくても、お腹や背中に手を入れて温かければ、赤ちゃんは快適な状態にあると判断して良いそうです。

もしお腹や背中がひんやりしているときは、部屋を暖めるか、厚着させてあげましょう。逆に、お腹や背中に汗をたくさんかいていたら、部屋の温度を下げたり、衣類を薄手のものにかえてあげる必要があるとのことです。

ちなみに、まひろの住んでいるマンションはストーブ禁止のため、冬場の暖房器具はエアコン一本で頑張っています。

デロンギのオイルヒーターが、火傷の危険もなく空気も汚さず乾燥しにくいとのことで、周りでの評判がかなり良いため購入を検討したのですが、狭い我が家には置く場所がないということで一旦は断念しました・・・。

24時間換気システムのマンションはものすごく乾燥する

温度はエアコンに頑張ってもらえば軽々クリアできたのですが、問題は湿度でした。

まひろ

加湿器を二台稼働させても湿度30%前後をうろうろする程度で、加湿器なしではなんと湿度20%を切る始末でした・・・

我が家は24時間換気システムのマンションのため、どうやら加湿しても加湿しても、どんどん湿度が逃げてしまう状態だったようです。(大家さんから24時間換気システムは止めないように言われているため、止める訳にもいきません)

そこで色々と加湿対策を試したところ、砂漠のような我が家でも湿度50%前後を達成することができました!

温度は体感で大体分かると思うのですが、湿度は体感だけでは分かりにくいので、湿度計を使ってみてくださいね。

温湿度計の大切さについては、こちらの記事でも紹介しています。

我が家で試して効果のあった加湿方法については、次にて詳しく紹介いたします。

簡単にできる加湿方法

涙ぐましい試行錯誤の末、我が家で採用された乾燥対策は以下のとおりです。

手軽にできる乾燥対策
  • 加湿器をつける
  • 部屋干しをする
  • カーテンやラグなどに霧吹きをする
  • 煮炊きをする(換気扇はつけない)
  • お茶を淹れたピッチャーの蓋をあけておく
  • お風呂場のドアを開けっぱなしにしておく(換気扇はつけない)

加湿器はもちろんなのですが、部屋干しもかなり乾燥に効果的でした!

まろん

だけど部屋干しすると、独特の嫌な臭いが気になるワン!

我が家では部屋干しする際にはワイドハイターを追加で入れているのですが、部屋干しの嫌な臭いも気にならないので、おすすめです。

狭い我が家でネックになるのが干す場所がない問題ですが、良いアイデアグッズを見つけたので、いくつかご紹介します!

壁の穴も目立たないピンタイプなので、賃貸でも使えるタイプの物干しになります。斜めにも設置できるので、狭い我が家でも大活躍です。

こちらはネジ釘不要の鴨居に引っ掛けるだけのタイプの物干しです。

カーテンやラグなどの布製品を霧吹きで湿らせるのも、乾燥に対して効果的でした!

まひろ

最初は霧吹きの使い方が分からず、空間にシュッシュしまくっていたのですが、それでは意味がなかったようです・・・

なぜかというと、湿度を上げるためには、液体ではなく気体の状態の水(水蒸気)が必要になるからです。

やみくもに部屋中に霧吹きをしたところで、結局は液体の水をまき散らしているだけなので、湿度アップにはあまり効果的ではありませんでした。

なので布製品に霧吹きをかけて、それが乾燥する(水分が蒸発する)ことによって、湿度アップに繋がるという訳です。

ちなみに、まひろおすすめの霧吹きはこちらです!

霧もめちゃくちゃ細かくて、しかも一度プッシュすると長い時間霧が出続けてくれるので、とっても楽です!

加湿器の選び方

まず、大まかな加湿器の種類ですが、以下のとおり3つあります。

  • スチーム式→水を加熱し沸騰させることで水蒸気を噴き出して加湿→電気代は高いが雑菌繁殖の心配がな
  • 超音波式→水を超音波で震わせて放出する→電気代は安いが雑菌が繁殖しやすい
  • ハイブリッド式→スチーム式と超音波式のいいとこどり(と言われているが、個人的にはどちらの良い所も中途半端になっていると思ってます)

結論から申し上げますと、

赤ちゃんがいる家庭なら、スチーム式の湿器が断然おすすめです!

なぜ断トツでおすすめかというと、スチーム式の加湿器が圧倒的に衛生的で、なおかつ加湿力が高いからです。

電気代が高かったり、火傷の危険がある等のデメリットもありますが、それを上回るくらいに衛生的で加湿力も高いです。

逆に言うと、手入れの行き届いていない超音波式の加湿器等は雑菌をまき散らす恐れがあるので、むしろつけない方がいいレベルだったりします。

まひろ家おすすめの加湿器をご紹介します!

ポットタイプの加湿器なら、給水やお手入れも非常に楽なので、育児中のパパママにもぴったりです。見た目のダサさだけが玉に瑕ですが・・・。

まとめ

今回は、赤ちゃんの快適な室温と湿度、おすすめの乾燥対策グッズについてご説明してきました。

本記事の要約

  • 赤ちゃんにとって快適な温度と湿度について
  • 24時間換気システムのマンションはとても乾燥します
  • 手軽にできる乾燥対策
  • おすすめの加湿器

大切な赤ちゃんのためにも、快適な温度と湿度を保てるように対策しましょうね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

当ブログ運営者

サイドFIREを目指す20代サラリーマン×セミパパのブロガー
・仕事はセキュリティコンサルタント
・転職を経験し、現在2社目
・某大手企業で新人賞・優秀賞を受賞した経験あり
・結婚し、ゼロから資産運用を開始
・夫婦で行ったホテルやレストランは多数
・妊婦さんに役立つ知識をゼロから学ぶ
・生活で必要なものはゼロから買っていった

夢は週2日働きつつ、嫁&子供&ペットとともに経済的に自由な生活を送ること!
企業様からの案件お待ちしております。

目次
閉じる