>>当サイトのWordPressテーマ「SWELL」についてはこちらから

【ブログ・宿泊記】改装後の富士屋ホテルにいってきました【口コミ・写真たくさんあり】

皇族やチャップリンといった歴史的有名人が泊まったと言われる「富士屋ホテル」に嫁と2人で行ってきました。

高級ホテルということで気軽に行けるわけではなく、事前に口コミを確認したくはありませんか?

ということで、実際に富士屋ホテルに行ってきた感想や口コミを写真付きでご紹介します。

まひろ

3つの記事に分かれてるうちの2つ目です

また行きたいと思うくらい良かったので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

本記事の内容

  • ホテルミュージアムの紹介
  • 本が置いてあり、ドリンクバーもある落ち着いたラウンジ
  • 内装や庭園の落ち着いた雰囲気

本記事の執筆者

まひろ(@aokaze_mahiro

結論を述べておくと、1泊で回るのが大変なくらい楽しめます、子連れの方にもすごくおすすめです!

※本記事は2020年10月に行った時点の写真です。最新情報は公式サイトで確認してくださいね

→ 一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!

部屋やアクセス方法といったことがご紹介されているパート1の記事はこちらからどうぞ。

目次

富士屋ホテルの改装後の施設一覧

施設としてはこのようになっていて、複数の建物があり、それぞれで楽しめるコンテンツがあります。

建物一覧
  • 本館
  • 西洋館
  • 花御殿
  • フォレスト・ウィング
  • 菊華荘
  • カスケード・ウィング
  • 食堂棟
  • ベーカリー&スイーツ ピコット

花御殿にあるGALLERY COZY

場所的には花御殿の1階辺りです。

富士屋ホテル創立当初の街並みが写真や絵で飾られています。

椅子に座って休むこともできますが、ここを通るたびに見てもあまり座っている感じはなかったです。

まひろ

別途ラウンジもありますしね

ホテル・ミュージアム

富士屋ホテルの歴史を見ることができると言ったらわかりやすいかなと思います。

まひろ

ものすごい分厚さの対応マニュアルまであって、当時からしっかりと対応してたんだなとわかりますね

ここに並んでいる本は持ち出しは厳禁ですが、その場で読むことは可能です。

富士屋ホテルの料理のレシピ本とか、従業員の対応マニュアルが置いてあったりと結構楽しめます!

皇室の方が来た時の写真やVIPルーム用の陶器が飾られています。

当時のアイロンやタイピング機?が置いてあります。

富士屋ホテルのラウンジはドリンクバーが付いてる

宿泊者が使えるラウンジがあるのですが、そのラウンジの目の前に無料で使えるドリンクバーがあります!

ファミレスであるようなベーシックな飲み物は一通りそろっているかなという感じです。

まひろ

飲み物を部屋に持ち帰ってもOKなところが嬉しいですね!

エレベーターの近くにもあるので、部屋から飲み物を取りに来るだけでも使いやすいですし、大浴場を出た後にも立ち寄りやすいのもGOOD!!

ラウンジには人が結構いるので写真が撮りにくかったのですが、本がたくさん置いてあってラウンジで読むことが可能です!

富士屋ホテルで撮った写真集

この辺りは富士ホテルに着いたら最初に来るロビーの画像ですね。

椅子に座って外を眺めてもいいし・・・

中のソファーに座ってくつろいでもいいです!

ここら辺はミュージアムに行く途中に撮った画像だったかなと思います。

ここら辺もミュージアムに行く途中だったかなと思います。

展示物には手を触れてはいけないと注意書きがありましたね。

すごくおしゃれな廊下だったのでつい撮ってしまいました笑

施設内にプールとジムがあります。

プールは何人かが泳いでいる感じがありましたが、ジムを利用している人はいなかったかなと思います。

庭園散歩したときに撮った写真

ここからは外を散歩したときに撮った画像です!

次からは朝ごはんを食べた後に庭園を散歩したときの風景です。

鯉がいて、100円で餌を与えることができるみたいですよ!

まひろ

私は魚が苦手なので、無理なのですが…

庭園内に階段があって、上った先から撮った画像はすごくきれいです!

上った先には風車があって、すごく落ち着きます(*´ω`*)

評判まとめ:富士屋ホテルは子連れでも楽しめておすすめ

今回は「富士屋ホテル」の館内施設について紹介しました。

富士屋ホテルの公式ホームページにも施設一覧が載っているので、興味がある方はぜひ公式サイトもご確認ください。

また、富士屋ホテルに泊まりたい、限定プランを確認したい方は一休.comからどうぞ!

本記事の要約

  • 建物が複数あり、全部回っているとあっという間に時間が過ぎちゃう
  • 昔のものがミュージアムにあり、伝統的な一面を確認できる
  • 内装も庭園も和のテイストでとてもおしゃれ

すべての魅力を1記事にまとめると長くなりすぎるということで、全3回に分けてます。

次回は富士屋ホテルといったらカレー!という話を詰め込んだものになってますので、良かったら見てください!

富士屋ホテルの予約は「一休.com」からするのがおすすめです

我が家はホテルの予約に「一休.com」を使っております。

独自の限定割引プランがあったり、ポイントが付いたりするのですごくお勧めです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!

当ブログ運営者

サイドFIREを目指しているサラリーマン。
結婚してゼロから始めた節約術(楽天経済圏やPayPay経済圏)、少しの贅沢で行った高級ホテルやレストランを紹介しています。
妊娠初期から子育てに全力を注いでおり、部屋作りやマタニティの知識についても発信。
夢は、週2-3で働きながら、嫁&子供&ペット(仮)と月1で高級ホテルに泊まる生活をすること!

目次
閉じる